医療法人良光会 辻中歯科医院

摂津市千里丘でマウスピース矯正・予防歯科ならJR千里丘駅徒歩1分の辻中歯科医院へ

ホーム ≫ ブログページ ≫

ブログページ

辻中歯科医院の初診について

辻中歯科の初診について

初診の流れ

こんにちは。
辻中歯科医院の柏谷です。
今まではインビザラインについて書いてきました。
今回は辻中歯科医院に初めて来院してもらった時にどのように治療まで進んでいくのかということを書いていきます。

まずは詳しく問診票を書いていただきます

3枚の問診票
来院していただき初めに3枚の問診表を書いてもらいます。
他の歯医者より多いと思います。しかし、患者さんにとって最善の治療をさせていただくために多くの情報を得たいと考えておりますので宜しくお願い致します。

TCとの医療面接

TCによる面接の様子 次にTC(トリートメントコーディネーター〈Treatment Coordinator〉は治療者と患者の間に立ち、双方にとって満足のいく治療を進めるための調整役を行う)と呼ばれるスタッフと問診表を元に医療面接を行なってもらいます。
面接といっても緊張されることなく気軽に話してもらって大丈夫です。
歯科医師や衛生士には話しづらいこと(歯医者は久しぶりに来た、歯医者は苦手、痛いことや音は苦手など)を話していただき、TCからは辻中歯科医院の雰囲気や治療の進め方を説明させていただきます。
TCとは2回目の治療前や治療後など何回か話していただきます。
ここまでしないといけないのかと思う方もいらっしゃると思いますが、これは個人の意見になりますが、歯の治療を行うことで最も大事なのは信頼関係を構築していく事だと思っています。なので、問診表や医療面接は信頼関係作りやこれから治療を行っていくことへの1番の土台の部分だと考えています。
この土台がしっかりしていればなかなか信頼関係が崩れることはないですし、スムーズに治療を進めていく事ができますのでご協力宜しくお願い致します。
 
問診表を書いてもらいTCとの医療面接が終わると診療室に入ってもう一度歯科医師と問診表に書いてある内容やTCと話したことを確認します。

レントゲンを含む撮影

レントゲンを含む撮影
次に虫歯の有無や顎の骨の状態を口の中を視診するだけではわからないのでレントゲンを撮らせていただきます。そうすることでたくさんわかることがあります。
レントゲン撮影後は口の中の写真と歯茎の状態を調べます。
写真は治療が終わった時に変化を見てもらえます。

歯茎の状態を診察

辻中歯科医院では予防を大切にしていますので歯茎の状態も調べさせていただいております。詳しくは以前のブログに書いていますのでご覧ください。
★辻中歯科医院の歯科衛生士予防チーム / ★歯周病安定期治療について

歯の治療

後は歯科医師が来院したきっかけとなった原因の歯を治療していきます。
来院するきっかけになった歯の状況やレントゲンでわかったこと、他に治療しなければいけない歯がある必要性、次からの治療内容の説明を受けてもらい終了です。
 
初診はやることがたくさんありますので、約1時間お時間をかけさせていただいております。できればお時間に余裕を持ってお越しください。
 
お口の中で困っていることがありましたら、お気軽に辻中歯科医院までご連絡ください。

 
 
2022年09月24日 00:00

歯周病安定期治療について

メインテナンスについて
こんにちは辻中歯科医院予防チーム(YDH)です。
今回のテーマは歯周病安定期治療(メインテナンス)についてお話をさせて頂きます。
 

歯周病安定期治療(SPT)とは

かかりつけの歯科医院で歯周病の治療がある程度落ち着いたお口の状態後に定期的にお口の検査やお掃除を行う治療になります。
歯周病治療の再発防止になり早い段階での適切な処置ができるため経過観察と予防処置を行います。
 
SPTとは『サポーティブペリオドンタルセラピー(supportive periodontal therapy)』の略語です。
最近ではメインテナンスという用語に代わり使われるようになっています。 

メインテナンスの時にもお口の状態を確認する検査を行います

歯周病は自覚症状の少ない病気です。
歯ぐきからの出血や歯ぐきの腫れ、歯のぐらつき(揺れる)などの症状に気付いた頃には状態が悪化し治療に時間がかかったり、最悪の場合は歯が抜け落ちてなくなってしまう深刻な病気です。
 
最近ではこの歯周病原細菌が全身疾患(病気)との関わりが非常に深いと言われています。
歯周病の検査の中に歯周ポケット測定検査があります。
歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの境目に溝がありますが、溝が4㎜以上深くなると歯周ポケットという名前になり、歯周ポケットの深さを1歯ずつ丁寧に測定し歯周ポケット検査を行います。
歯周ポケットの検査、レントゲンやお口の中の全体の状態を歯科医師の指示の元で私たちYDHは患者様のサポートをしております。
 
3㎜以下正常値
4㎜~6㎜歯周病中等度
7㎜以上歯周病重度
歯周病の進行と歯周ポケットの深さの関係
適切な歯周病治療を受け病状が安定したとしても、歯周ポケットが深い状態のままの残る
ことがあります。
歯周ポケット内を定期的に洗浄すると、細菌の数を減らすことができますが、歯周ポケット内を洗浄もせずそのままの状態にしておくと免疫が下がってきます。
放っておくと細菌はどんどん増えて歯周病が再発し後戻りしてしまいます。更に歯周病が進行する事もありメインテナンスは非常に大切です!!
 
歯周病は厄介な慢性的な病気です。治療を途中で中断してしまったり、勝手に大丈夫だと思って来院されなくなったり油断していると歯周病が進行し恐ろしいことになります。
治療をきちんとし完治して安定した状態に改善した後はメインテナンスは欠かせない治療です。
なぜなら歯周病にはゴールはありません。

位相差顕微鏡での診察 辻中歯科医院はかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所です
かかりつけ歯科医療強化型歯科診療所とは歯科医師、歯科衛生士の人数を満たしていること、感染対策としての装置、器具の設置などの取り組みを行っていること、訪問診療を行っていることなど基準を満たす歯科医院のことです。
 
歯周病安定期治療は保険診療として受けることができます。
歯周病安期治療は辻中歯科医院のYDHの歯科衛生士が行います。
辻中歯科医院では無料で位相差顕微鏡でお口の中の菌叢を診させていただており、患者様の体調の把握、健康のお手伝いをさせていただいております。
診察させていただく空間

辻中歯科医院のメインテナンスメニュー

・位相差顕微鏡で細菌の量、活動性の確認
・歯周ポケットの検査
・歯垢(細菌の膜)の染め出し
・歯垢、歯石、着色汚れの除去
・機械的歯面清掃
・HMTジェル、フッ素塗布(必要な方に)

 

メインテナンスの効果

・歯垢、歯石除去をすることによってお口の中がスッキリします。
・歯磨きでは取れない汚れを取ることで細菌を再付着しにくい状態にします。
・歯磨きでは届かない歯周ポケットの中の細菌も除去することができます。
・お口の中の細菌の数が減ります。
・体の調子や免疫力が上がる可能性があります。
・風邪などウィルス感染がしにくいという可能性があります。

 
 
近年歯周病原菌は歯周病を引き起こすだけでなく全身の様々な病気(糖尿病、心筋梗塞、アルツハイマー型認知症など)に関わりがあると言われています。
歯周病安定期治療を受けることは歯周病を再発、後戻りの予防するだけでなく
全身の健康にも繋がります。
生涯に渡りご自身の歯で食べ物を食べられることは、人生の財産となります。
 
毎日の歯磨きやお口のケアを適切に行うとともに歯周病治療を受けた後は継続的な歯周病安定期治療を患者様一人一人に合った治療を行っておりますのでご来院お待ちしております。 

 
2022年09月17日 00:00

院長不在日のお知らせ

9_10月カレンダー
9月24日15:00~
9月25日13:00まで
9月30日~10月2日
は勉強会のため院長不在となっております

よろしくお願い致します
2022年09月16日 12:30

矯正治療について(第8回)「インビザライン治療をスタートされる方へ」

インビザラインをスタートされる方へ

インビザライン治療をスタートされる方へ

こんにちは。
辻中歯科医院の柏谷です。
 
今回はインビザラインを始める方への取り扱い説明について書いていきたいと思います。何事もスタートする時は楽しみありますが不安もあるかと思います。
不安というものは「分からないこと」があるから不安になるのだと思います。
今回は「分からないこと」を少しでも減らして楽しみが増えるように書いていきます。
 

インビザラインを始めるにあたって

インビザラインの矯正治療は歯医者だけが頑張っても歯並びは良くなりません。
患者さんの頑張りも必要です。
その頑張りが必要な事というのは1日22時間以上という装着時間をきちんと守ってもらう事です。
以前当ブログでも書いていましたが、下記のように1日の中でマウスピースを外している時間が5時間違うだけで矯正効果が2倍も変わってきます。
せっかくなら1日の装着時間をきちんと守って早く結果が出るほうが良いですね。
インビザライン装着時間と効果
食事と歯磨きの時以外の時間はきちんと着けていただきます。

チューイそして前回のブログで掲載しております、チューイを噛んでいただく事です。
新しく装着した日から3日間は10分、4日目からは5分を目安に噛んでください。

交換・装着について

交換・装着について 新しいマウスピースは装着時間が長く取れる夜に交換し、チューイを10分噛んで下さい。
装着する時は前歯から、外す時は奥歯から行ってください。
使用が終わったマウスピースは必ず保管してください。

歯磨きについて

歯磨きについて歯磨きはいつも通りしていただけます。
前回書かせてもらいましたが、外食で食後すぐ歯磨きができない場合、口をすすいで(持ち歩ける液体歯磨きなど)装着してください。
歯磨きができる時に歯磨きとマウスピースの洗浄を行なってください。
マウスピースは洗浄剤を使ったり柔らかい歯ブラシを使ったりして洗ってください。
矯正では歯が動きます。動いてくるとよく物が挟まります。その時は、フロスや歯間ブラシを使ってください。


食事について

市販されている飲料水のエナメル質
食べ物や飲み物に制限はありませんが、マウスピースをつけたままコーヒーや紅茶や赤ワインなど色の濃いものを飲むと着色することがあります。
また、上記の表のようにエナメル質臨界pH5.5以下の飲み物ばかりを飲んでいると、マウスピース着用時は特に歯が溶けやすくなるので臨界pH5.5以上の飲み物を摂取するよう心がけてください。

こんな時どうしたら?

●歯が揺れるような感覚など違和感を感じることがありますが、これは歯が動いている時の正常な反応なので安心してください。
●矯正治療中に虫歯が見つかることがあります。
虫歯の状況により歯科医師が治療の時期を判断させてもらいますので、当院にご連絡ください。
●マウスピースに不備があった場合や、なくなったり、割れたりなどトラブルがあった場合などもご連絡ください。その際は、ひとつ前のマウスピースを装着して越しください。

インビザラインをスタートされてからの診察について

マウスピースをきちんと装着できているか確認させていただきたいので、当院を受診される時は必ずマウスピースを装着してお越しください
アタッチメントを付ける時は約60〜90分程かかる場合があります。
時間に余裕がある日にご予約を取られることをおすすめいたします。
 

2022年09月10日 00:00

お知らせ

9月5日( 月 )~改装工事に入ります
そのため、ご予約の変更の際にはご連絡させていただく場合がございます。
予めご了承ください。
2022年09月05日 18:52

辻中歯科医院の訪問歯科診療

訪問歯科診療_

辻中歯科医院の訪問歯科診療

こんにちは。辻中歯科医院予防チーム(YDH)です。
今回は訪問歯科診療についてお話をさせて頂きます。
 
訪問診療とは要介護高齢者や身体的・精神的理由で歯科診療所に通院できない方がご自宅や施設で歯科診療を受けられるものになります。
お口の機能の維持管理は食べるという機能だけではなく、生きる力や生活の質(QOLという)の向上に寄与します。
 

要介護者の口腔ケアの大切さについて

口腔は温度・湿度・栄養供給・複雑な形態・環境などあらゆる点においてお口の中にバイ菌が増殖しやすい為、要介護者にとって口腔ケアがおろそかになれば、歯垢が舌などにこびりつきバイ菌の数が最も増えてしまいます。そうなると呼吸器感染症をはじめ全身疾患の発症と関連しており、口腔のバイ菌のコントロールは極めて重要な役割となります。
また、上下総入れ歯の方も、入れ歯の清掃や口腔内の粘膜(頬・舌・歯茎)をスポンジブラシで清掃してあげる事で血の流れが良くなり、お口の中の菌の数も減り予防になります。

スポンジブラシや舌ブラシで舌を軽く押すことによりに舌が反射的に動き、舌の筋肉の運動にもなります。


自宅訪問に毎週伺わせて頂いているH・Hさん よって、辻中歯科医院の訪問診療では誤嚥性肺炎感染症や、血液の病気(動脈硬化・心疾患・高血圧・糖尿病等)を防ぐ様の口腔ケアとお口の中の筋力を高める事に力を入れています。
✳︎写真は自宅訪問に毎週伺わせて頂いているH・Hさん。 いつも素敵な笑顔で出迎えてくれます♪

口腔リハビリについて

訪問診療の患者様の唇・頬・舌の筋肉を刺激し、お口の機能を高めたり、飲み込みを改善したりするためのトレーニングをします。脳卒中等の後遺症の1つであるマヒや筋力の低下、お口の周りの機能の低下により、食べた物が上手く飲み込めなくなることがあります。このような場合、食べ物を飲み込む力や、お口の周囲の筋肉の向上や嚥下機能を改善するようなお口の体操やリハビリを取りいれております。

あいうべ体操

高齢になると低下する唾液の分泌量を促進、低下したお口の周りの筋力を強化することを目的とします。
あいうべ体操_
・大きな動きをしながらゆっくり動かす。
・お口周りだけでなく顔の筋肉もしっかり動かす。
             

【あいうべ体操の効果】

・口での呼吸の予防・改善
・唾液が出やすくなる
・脳の活性化(舌下神経は脳神経の1つであり、脳に直接繋がっている)
・ほうれい線などのしわの解消
・いびきの改善
・免疫力UP等…

パタカラ体操

誤嚥を防ぐ為の代表的な訓練方法の1つです。
口・舌を鍛えることで食べる・飲み込む機能の向上を目的とします。
パタカラ体操


パ→上下の唇の体操(吸う・飲む時に使う筋肉)
タ→舌の先の体操(食べ物を押し潰す時に使う筋肉)
カ→舌の奥の体操(飲み込む時に使う筋肉)
ラ→舌を反らせる体操(食べ物を丸める時に使う筋肉)
 

【パタカラ体操の効果】

・唾液が出やすくなる(ドライマウスの防止)
・滑舌や発音の改善・維持
・食事中のムセが改善する等…

【あいうべ体操】と【パタカラ体操】はどちらも誤嚥性肺炎の予防に効果的です。
免疫が低下している方はお口の中のバイ菌が多く、喉の筋力が低下しているとむせやすくなり、お口の中のバイ菌と共に食べ物が肺に入り、誤嚥性肺炎を引き起こします。
免疫が下がっている方はお口の中のバイ菌が多く、喉の筋肉が低下しているとムセやすくなり、お口の中のバイ菌と共に肺に食べ物が入り誤嚥性肺炎を引き起こします。

誤嚥性肺炎とは

食べ物を口の中に入れ、正しく食道へ送り込む事を『嚥下(えんげ)』と言い、その逆で反射が上手く出来ず、食べ物が気管に入ってしまう事を『誤嚥(ごえん)』と言います。
その誤嚥から発症する肺炎の事を誤嚥性肺炎と呼びます。
高齢者においての死因の上位を占めています。
 


最後に
大切なご家族やご本人様に美味しく、楽しく、お食事や会話を楽しんで頂けるよう取り組ませて頂きたいと思っております。まずはお気軽に辻中歯科医院にお問い合わせ下さい。
 
2022年09月03日 00:00

矯正治療について(第7回)「インビザライン用おすすめグッズ」

インビザライン用おすすめグッズ


矯正治療について(第7回)「インビザライン用おすすめグッズ」

こんにちは。
辻中歯科医院の柏谷です。
 

インビザライン用おすすめグッズ

前回までは初めて来院されてからインビザラインの治療の流れを書かせて貰いました。
そこで今回はインビザラインをしてもらっている人が持っていたら便利で困る事が少なくなる物を紹介していきたいと思います。
まずは辻中歯科医院で初めにお渡しする物から書いていきます。
インビザラインをスタートする日にはインビザライン(マウスピース本体)、インビザラインの専用ケース、チューイ、リムーバーをお渡しします。

インビザライン(マウスピース本体)

インビザラインマウスピース次回の治療までに必要な枚数をお渡しさせて頂きます。
 

インビザライン専用ケース

インビザライン用ケース黒くてかっこいいケースになります。シンプルなのでシールを貼ったりして自分らしいケースにすることもできます。
 

チューイ

チューイインビザラインがきっちり歯にはまるように噛んでもらう硬いスポンジのような物です。これは1日15分程度噛んでもらうようにしています。きっちり入らなくてもチューイを噛む事で入る場合があります。
 

リムーバー

リムーバーインビザラインを外す器具のことです。インビザラインが初めてのマウスピースという方も多いと思います。最初は付けたり、外したりするのに時間かかるし、難しい場合が多いです。その時は外すのを手伝ってくれるリムーバーを使います。 時間が経ってくると医師や衛生士が外すより患者さんのほうが上手に早く付けたり外したりできるようになるのでご安心して下さい。

以上が辻中歯科医院で初めにお渡しする便利グッズです。
 

家にあると便利なインビザライン用グッズ

マウスピース用洗浄剤

マウスピース用洗浄剤1日22時間も口に入れているので綺麗にしたい方も多いと思います。 その時はお湯にマウスピース用洗浄剤を入れてマウスピースを5分程浸けておけば綺麗になります。
 

(もっと綺麗にされたい方向け)超音波洗浄機

超音波洗浄機これは水をいれてマウスピースを浸けてスタートボタンをおすだけです。

常に持ち歩いておくと便利なインビザライン用グッズ

持ち歩くと便利なグッズまずは歯ブラシ、歯磨き粉です。 外でご飯を食べる時はインビザラインを外して食事した後そのまままた入れるのは嫌という人が多いと思います。 歯磨きをする時間がない時はうがい薬を持っておけばまだ口の中はましになりますので、うがい薬もあれば便利だと思います。 そして、フロスもあればいいと思います。 インビザラインは歯を動かしているので歯とは歯の間に物が詰まりやすくなりがちでます。歯ブラシでは取りきれない場合が多いのでフロスがあれば大変便利です。 インビザラインをする様になった人は荷物が増えると思います。が、ただ食後何もせずまた装着するとインビザラインで虫歯菌や歯周病菌(歯周病とは、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患で、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが溶けてしまう病気)に蓋をしている状態になるので非常に菌が繁殖しやすい状況になりますので、是非準備してもち歩いてもらえれば嬉しいです。

何かわからないことがあればお気軽に辻中歯科医院にご連絡して下さい。
2022年08月27日 00:00

矯正治療について(第6回)「IPRとは?」

IPRとは?

矯正治療について(第6回)「IPRとは?」

こんにちは。
辻中歯科医院の柏谷です。
 

子供の矯正について

日本では少子化問題があります。少子化の問題はたくさんあると思います。ただ、少子化になって親が子供にかけるお金は増えている結果が出ています。今は幼児教育、自然体験プログラムなどがあり、また食の安全性への意識も高まっています。
ファッションの分野でも身体に優しい素材を使った服を選びたい親御さんも増えているそうです。
歯並びに関しても治してあげたいという親御さんが昔よりも増えていると思われます。
「子供の矯正はいつ始めたらいいのか」や「費用はどれくらいかかるの?」といったことについてはまた詳しく書かせてもらいますが、矯正以外のことについても歯に関わることで知りたいことやご相談がありましたらいつでもご連絡ください。
 
それでは、インビザラインの治療について書いていきます。

IPRとは

矯正治療中の途中に歯と歯の隙間をあける治療をすることがあります。
そのことを英語でInterproximal Reduction(インタプロクスィマル)と言いIPR(アイピーアール)と呼んでいます。
日本語に訳すと隣接歯間(歯と歯が隣り合っている面)の削合(歯の表面や咬合部分などを削り、なめらかにしたりする事)という意味です。
このIPRを行う治療の目的は、歯を動かすためのスペースを作ることです。
矯正治療を行う方は歯が外側にあったり、内側にあったり、重なったりしているしてる人が多いと思います。その原因はあごの大きさ(スペース)に対して、歯の大きさがあってないからです。
スペースを作るには抜歯をすることが一番です。しかし、健康な歯を抜くことを不安に感じる方も多いと思います。
ですのでIPRを行い、ほんの少しずつ歯を削ることで歯を動かすスペースを作ります。
 

歯を削る量について

歯の表面はエナメル質というものになります。
このエナメル質は骨より硬く、少し削っても痛みやしみたりすることもありません。
エナメル質は1〜2mm程と言われています。
IPRではこのエナメル質を0.1mm単位から削っていきます。最大でも0.3mm程度ですから削ることによって痛みやしみたりすることはほとんどありません。
IPRダイヤモンドバーで研削

メリット

・スペースを作ることで綺麗な歯並びになります。
・左右のバランスを改善できることがあります。
・ブラックトライアングル(歯と歯の接触点と歯ぐきに囲まれた隙間)を改善できることがあります。
・治療後の後戻りを防止しやすいです。

デメリット

・歯を削ります。
・スペースを作れる量が限られます。
 

まとめ

矯正治療で重要なIPRですが、歯を削る量と言ってもごく少量です。
IPRすることでメリットも多いです。何より抜歯の可能性を低くでき、治療の期間も少なくすることができます。
 

2022年08月13日 00:00

辻中歯科医院予防チーム(YDH)歯科衛生士の取り組みについて

歯科衛生士の取り組みについて

辻中歯科医院予防チーム(YDH)歯科衛生士の取り組みについて

こんにちは、辻中歯科医院予防チームYDHです。
 
今回は予防チームの歯科衛生士の取り組みについてお話をさせていただきます。
辻中歯科医院ではメンテナンスに来院される患者さんが多く、患者さんからの信頼が非常に高い上級者の歯科衛生士を育てております。

予防チームの診療内容とこだわり

 

予防チームの想い

良い施術を提供するには、良い機械だけではなく、一番大切なのは丁寧で患者さんに思いやりのある歯科衛生士達です。そもそもメンテナンスとは歯周病の治療後から安定して定期的に歯周病原細菌が活発にならないように再発防止、又は虫歯にならないよう月1回から3ヶ月に1度は歯科医院でお口の状況状態を検査し、問題がなければお口のお掃除やお口にプラスになる予防やガムマッサージ、お口の体操を行っております。
歯科衛生士は歯科医師ではないので診断は出来ませんが、上級クラスの歯科衛生士達は患者さんのお口の中のトラブルや発見し辛い奥の奥、隅から隅まできちんと視る力があります
辻中歯科医院の衛生士予防チームでは、歯科衛生士のお仕事に誇りを持ち患者さんに本気で寄り添う医療を常に追究して日々の診療に努めております。
ベテラン衛生士が新人衛生士を指導する事は勿論、ベテラン衛生士も新人衛生士も自主的に歯科衛生士の研修を定期的に受講して予防についての再確認や新しい発見を辻中歯科医院の全ての患者さんへのアウトプットできますように知識を入れて技術向上の為に精進しております。

予防チームとして技術や知識向上への取り組み

歯科衛生士の基礎知識技術向上の研修
今月7月28日辻中歯科医院の歯科衛生士でありHM,s COLLECTIONの講師の池田貴久子が患者さんに寄り添える医療の大切さ、歯科衛生士の基礎知識技術の研修を開催し私達YDHも積極的に参加させていただきました。まだまだコロナ感染が厳しい世の中ではありますが、歯科医療従事者として歯周病予防、虫歯予防を行うことでコロナ感染予防にも繋がると言われています。

きちんとした感染予防対策を行い安心して来院していただきます様に日々努めてお待ちしております。
 
2022年08月06日 00:00

お盆休みのお知らせ

8月11日( 木 )~8月18日( 木 )はお盆休みのため休診となります。
ご迷惑をおかけ致しますが、ご了承のほどよろしくお願い致します。

当院がお休みの期間はこちらにお願い致します。
https://www.oda.or.jp/

kyuujitu_sinryou
kyuujitu_sinryou2
 
2022年08月01日 08:00

モバイルサイト

辻中歯科医院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら