医療法人良光会 辻中歯科医院

摂津市千里丘でマウスピース矯正・予防歯科ならJR千里丘駅徒歩1分の辻中歯科医院へ

ホーム ≫ ブログページ ≫

ブログページ

ナイトガードについて

ナイトガードについて
こんにちは。辻中歯科医院YDHです。
皆さんは歯科医院で歯ぎしりやくいしばりを指摘されたことはありませんか。
虫歯ではないのに歯が痛む、歯がしみる、朝起きると顎や首がだるい。そのような場合就寝中に歯ぎしりやくいしばりをしているのかもしれません。
 
今回は歯ぎしりやくいしばりの対処療法であるナイトガードについてお話ししたいと思います。

歯ぎしりとは?

いびきとは
就寝中、また日中に歯と歯をギリギリ擦り合わせたり、強く噛みしめたりすることをいいます。
ギリギリ音を立てるタイプの歯ぎしりは他人から指摘されやすく気づきやすい歯ぎしりのタイプです。
一方音のしない食いしばるタイプの歯ぎしりは気づかないまま過ごされている方がほとんどです。
歯ぎしりの原因は様々ありますが、一番大きな原因としてあげられるのがストレスです。
特に就寝中の歯ぎしりは無意識下で行われているためご自身でのコントロールは非常に難しいと言われています。
 
さらに就寝中は体重の2〜5倍ほどの力がかかると言われていますので、歯にはかなりの負担がかかっています。
このような力がかかり続けると…
●歯がすり減ってしまう
●歯周病が悪化する
●歯の根が折れる
●被せ物や詰め物が壊れる、はずれる
●顎が痛くなる
●歯がしみる
●歯ぐきがやせる
●虫歯を繰り返す
●肩こり、首のこり
●頭痛
 
など様々な症状が出てきます。
このような症状が治ることは難しいですが、対処療法として夜にマウスピースを装着して眠る装置をおすすめしております。
このマウスピースの事を辻中歯科医院ではナイトガードといいます。

ナイトガードとは

ナイトガートとは
ナイトガードとは患者さんの歯形を取り作製するマウスピースのことです。
主に就寝中に装着します
主に就寝中に装着します。
マウスピースを装着することにより歯に加わる力を分散させることができます。
わかりやすくお伝えするなら、フローリングの床に直接座るよりクッションや座布団の上に座る方がお尻にかかる負担を減らすことができる そのような感じです。
歯に加わる力を分散させることができます

辻中歯科医院でのナイトガードには2種類あります

①ソフトタイプ

柔らかい素材でできておりミリほどの厚みがあります。
ほとんどの患者さんがこちらのタイプを装着されています。

②ハードタイプ

レジン樹脂素材でできており装着時の違和感はやや強いです。

ギリギリ歯ぎしりをされる方や、顎の痛みが強い方が使用されています。

 
どのタイプで作製するかは歯科医師の診断となります。

ナイトガードの効果

・就寝中の歯ぎしり、くいしばりの確認ができる
・歯ぎしり、くいしばりによる歯のすり減り防止
・歯ぎしり、くいしばりの力を弱めることができる
・歯の詰め物や被せ物が欠けたり割れたりするのを防ぐことができる
・顎関節症の改善や筋肉の緊張を解消することができる
 
など歯ぎしりやくいしばりで起こる不調を改善することができます。
 

市販のマウスピースとの違い

市販のマウスピースはお湯で柔らかくし、歯に合わせ自分自身で作っていきます。
歯科医院で作製したものと比較すると適合が悪く違和感が強いです。
 
ナイトガードの費用は保険適応で¥3,000〜¥4,000(3割負担の方)となっております。

歯は年齢とともに様々な変化を感じる所です。
20代と50代とではどれだけケアをしていても同じ状態ではありません。30年分の使い込んだ証が必ず現れます。
だからこそ歯周病や虫歯はもちろんですが、歯ぎしりやくいしばりの力のコントロールをし、大切な歯を守っていっていただければと私たち歯科衛生士は考えます。
 
その他歯ぎしり、くいしばりの対処療法として咬筋ボトックス治療もご相談可能です。
そして根本的に噛み合わせの改善を目指すのであればインビザラインというマウスピース矯正もありますので、お気軽にご相談ください。
 
 
マウスピース矯正に関しては診察時間中ならいつで無料診断を受け付けております。
お電話でのお申し込みはフリーダイヤル0120-06-5168
または辻中歯科医院のホームページからご予約くださいませ。

マウスピース矯正無料相談会はこちら

 

2022年12月03日 00:00

「食いしばり(歯ぎしり)」「偏頭痛」「イビキと睡眠時無呼吸症候群」

歯ぎしりと睡眠時無呼吸症候群
辻中歯科医院の辻中です
 
すっかり秋らしくなり朝晩過ごしやすくなりましたね。
 
インビザラインは一般には歯並びを治すマウスピース型矯正装置として認知されていますが
1.食いしばり(歯ぎしり)と偏頭痛
2.イビキと睡眠時無呼吸症候群
改善にも効果がある時があります

食いしばり(歯ぎしり)と偏頭痛

偏頭痛

食いしばり(歯ぎしり)の原因としてよく言われるのが
1.対人関係などのストレス(ストレスの75%は対人関係だと言う文献もあります)
2.スポーツ(トップアスリートはインパクトの瞬間体重の2〜3倍も力が奥歯にかかっていると言われています)
3.不適合な詰め物(噛み合わせがうまくいかず、その歯だけが強く当たり噛む力をその歯だけで受けている時)などがあります。
 
食いしばり(歯ぎしり)が強くその状況が続くと奥歯が沈んだり隣の歯を前歯の方に押したりします。
又奥歯が沈んだことによって以下の変化が起こり易くなります。
咬合高径の低下による悪循環
1.今まで当たりが弱かった前歯が奥歯より先に強く当たりだします。
前歯が強く当たりだすと奥歯で噛めなくなるので患者さんは気持ち悪くなり
奥歯で噛みたいので下顎全体を奥に引っ込めるようになります。
そうなると顎関節に下顎(頭)が差し込むようになり、そう言ったことが常態化するとお口を開け閉めする時に音(クリック音)がしたり痛みが出てきたり、舌根沈下して気道を塞ぎイビキの原因ともなる可能性が高まり睡眠時無呼吸症候群になったりする場合があります。
又、さらに症状が深刻化すると顎関節の下顎頭のすぐ後ろに走っている浅側頭動脈を圧迫して脳への血流が制限され偏頭痛を起こしたりします
又、顎関節の近くを走っている耳介側頭神経を圧迫して目眩(めまい)の原因となったりもします。
2.前歯の根っこは単根で噛む力に弱く倒れたりもして出っ歯みたいにもなります。
3.前歯が奥歯に横から押されたりして前歯の歯並びがガタガタになったり飛び出たりして歯石が溜まりやすく、歯磨きしづらくなります。
4.奥歯が沈むと上下の顎の距離が押し潰されて短くなるのでほうれい線やマリオットラインが出やすくなります。
せんそくとう動脈

イビキと睡眠時無呼吸症候群

イビキ睡眠時無呼吸症候群

インビザラインはマウスピース型の矯正治療でマウスピースの厚さが一枚約0.75ミリで
上下のマウスピースを口の中に入れると厚みは約1.5ミリとなりその厚みが上下の噛み合わせの間に介在し、その厚みの分上下の歯は強く噛み込めなくなり顎関節と下顎頭との間にスペースができて下顎頭が顎関節に差し込まなくなります。
その厚みの分上下の奥歯が早く当たるので顎関節の下顎頭が差し込まれなくなって咬筋や側頭筋が過緊張を強いられず、顎関節症などが楽になる傾向があります。
又、下顎全体が前方に戻るので気道が広がり安く、イビキが解消され舌根沈下も改善され睡眠時無呼吸症候群も改善される傾向があるとされていてヨーロッパの学会では睡眠時無呼吸症候群の治療にインビザラインが用いられていると報告があります。
 
 
食いしばり(歯ぎしり)や偏頭痛、イビキ、睡眠時無呼吸症候群の疑いのある方はインビザラインで治るかも知れません。

辻中歯科医院ではマウスピース矯正に関して様々なアプローチから診断しております。
ご自身の歯並びを始め、いびき・歯ぎしりなど気になる方はこの機会に是非無料診断をお申し込みください。
お電話でのお申し込みはフリーダイヤル0120-06-5168
または辻中歯科医院のホームページからご予約くださいませ。

マウスピース矯正無料相談会はこちら


 
2022年11月19日 00:00

YDHの研修について

研修について

こんにちは辻中歯科医院予防チーム(YDH)です。

 

本日は辻中歯科医院の歯科衛生士がどのようにスキルアップをし、学び、患者様へより良い情報を提供させて頂いているのかをお話させて頂きます。

 

様々な角度からの学びで日々スキルアップしています

院長や副院長、外部から来て下さる講師をしている衛生士の先生、セミナーや院内テスト等、様々な所から学びを得ています。
その一部をご紹介させていただきます。
 

院長からの学び

院長からの学び院長からは【D.カーネギーの人を動かす、道は開ける】という本を歯科衛生士にプレゼントして頂きました。例えば、どうしても患者様に『この事だけは重要なのでしっかり伝えたい!』と思っていても大体の患者様は歯を中心に日常を送っている訳では無い為、お話をさせて頂いても忘れられてしまう事がほとんどです。
それをどう伝えれば患者様の記憶にインプット出来るか等のヒントが隠されている本となっております。

 

そのヒントを元に患者様へ色々な情報を提供させて頂いております。

 


外部講師からの学び

外部講師からの学び外部からは歯科衛生士HM'sコレクションの濱田真理子先生が講師に色々なノウハウを教えて下さって学んでいます。HM'sコレクションには辻中歯科医院の副院長の池田も所属しており、全国の歯科医院へ講師に行っております。

そのため技術面や分からない事はいつでも質問でき、学べる環境である為、私達歯科衛生士は凄く恵まれています

 

濱田先生の講習では半日診療を休診にし、スタッフ全員でお話を聞く為、スタッフ皆が同じモチベーションや同じ知識を得られます。
実際に患者様の役とDr.の役にアシスタントがなり、ライトの当て方等【どうなれば不快な思いをするのか、Dr.は何処にライトを当てると見やすいのか】等を体験しました。
Dr.が見やすくなればスムーズに治療が進み、患者様の負担が少なくなると教わりました。
些細な事ですが1つ1つ丁寧にする事の大切さを新人スタッフからベテランスタッフ迄、気付かせて頂ける内容です。
 


副院長からの学び

副院長からの学び10月26日は濱田先生の講習の後、他医院の歯科衛生士さん方が遥々香川県から辻中歯科医院の副院長池田による講習を見学に来てくれました。位相差顕微鏡や副院長による自費のメンテナンス、フェイシャルエステの体験をしていただきました。
お互い情報交換をし、他医院の方々と関わりとても勉強になり、今後活かせていけたらと思っております。
 


スタッフ同士のディスカッション

月1のミーティングでは患者様に辻中歯科医院、予防チーム、医院全体の問題点、解決策をスタッフで話し合っております。
また研修後の振り返り、感想をフィードバックしております。

 

YDHの歯科衛生士は常に患者様に寄り添う医療を目指しております。
今後の辻中歯科医院にも期待をして頂けるようもっと頑張っていきますのでよろしくお願い致します。

 

歯周病の再発や歯周病・虫歯を予防していくメンテナンスを受けていただけるよう、新しい知識を取り入れ情報提供し技術向上を目指して参りますので今後共末永くお付き合いください。
また、些細な事でもいつでも気軽にお声がけください。

 

 

備考

医院拡大の為、歯科衛生士のスタッフ募集も行っておりますので是非環境の整った辻中歯科医院で一緒にスキルアップしていきましょう。

2022年11月12日 00:00

歯列不正と顎関節症

不正咬合と顎関節症
辻中歯科医院の辻中です。
本日はインビザラインと歯列不正と顎関節ついて、私見を述べさせて頂きたいと思っております。
 
●インビザラインの治療過程において当院が最も気をつけている点
インビザラインは患者さんから見れば一般的に歯列不正を治す矯正歯科装置ですが、他にも「噛み合わせ・食いしばり・肩こり・顎関節症・睡眠時無呼吸症候群・偏頭痛・ほうれい線など」の改善傾向にも有効性があると言われています。
辻中歯科医院では患者さんの主訴を解決する事はもちろん治療過程においても、下記のような事を最大限に注意して治療を行なっております。
1.痛みがない治療
2.低侵襲(極力削ったり、抜いたりしない治療を心がけています)
3.後戻りしない治療
4.顎関節に負担の無い治療

 
●治療期間と歯列不正の原因に関して
私がよく相談を受けるのが前歯の歯並びだけを短期間で治療して欲しいと言う相談です。
前歯の歯並びは奥歯の影響を強く受けます。それは奥歯で受けた嚙み合わせの力が前歯に伝わり前歯を歯列から弾き出す力が働くことがあるからです。
ですので、前歯の歯並びを短期間で治しても奥歯の歯並びをキチンと治さないと非常に後戻りしやすいです。
辻中歯科医院では、奥歯からキチンと治して前歯の歯並びを治しますのでその分半年から1年間治療期間が延びますが、その分安心・納得して多くの患者さんが矯正治療を受けられています。
 
又「なぜ現在その歯並びになったのか?」そして「その歯並びのまま放置しておくと、今後経年変化でどの様な歯並びや噛み合わせになる可能性があるのか?」という説明もキチンとさせて頂いておりますので現在の歯並びに不安で悩まれている方は無料で相談「デジタルスキャンとレントゲン検査付き」を受け付けております。
マウスピース矯正無料相談はこちらから

歯並びと顎関節症の関係

繰り返しになりますが前歯の歯並びというのは、奥歯の噛み合わせの影響を強く受けます。
具体的に顎関節に近い奥歯になる程噛む力が強く(くるみ割りの原理)その力は隣の歯との接触点を通じて前歯の歯並びに大きな影響を与えます。
接触点を通じ奥歯から前歯へ噛む力が伝わる
※接触点を通じ奥歯から前歯へ噛む力が伝わる

食いしばりなどで奥歯がすり減ったり傾いたりして歯の高さ(長さ)が短くなると今まで以上に噛み込こんでしまい、より力強く噛むことができるので咬筋が発達します。
咬筋が発達すると顔貌もエラが張ったように見えますし、歯の高さ(長さ)が2ミリ短くなると噛む力が2倍になるとも言われています。
下の奥歯であれば舌側(内側)に上の奥歯であれば頬側(外側)に潰れて傾いたりします。
そうなると関節頭という顎の蝶番運動の基軸となる所が上顎に押し込まれ、お口を開け閉めする時「カクカク」「ゴリゴリ」と顎関節症を呈してくる可能性が高まります。

歯並びが悪いとより歯列が不正となる
※歯並びが悪いとより歯列が不正となる

そのほか奥歯によって守られていた前歯の噛み合わせが強く当たりだし、前歯の根っこは奥歯と違い歯根の形態も弱く、しかも歯根を支持する骨も薄いので歯が倒れたり捻転したりもしくは大きく歯が欠けたり、ヒビが入ったりもしくはそれらが複合したりして歯列不正を起こしたり増悪させたりもします。
 
ですので前歯の歯列不正を治す場合は奥歯の噛み合わせを治す事もとても大事です。

インビザラインの顎関節症へのアプローチ

後戻りをさせない又はキレイになった歯並びを維持させる為にも奥歯からキチンと治す事を強く推奨させて頂いております。
 
又インビザラインはアライナーと言われる厚み0.75ミリのポリウレタン素材のマウスピースを噛んで奥歯をキチンと治す事で押し込まれていた関節頭がフリーになり、顎関節症で悩まされていたのなら改善傾向が出てくる事が多くみられます。
 
ただし、関節頭の増殖細胞が働いて関節頭の骨ができるまで半年から一年かかると言われキチンとレントゲンでの確認が必要となります。
 
 
辻中歯科医院ではマウスピース矯正に関してこのように取り組んでおります。
ご自身の歯並びなど気になる方はこの機会に是非無料診断をお申し込みください。
お電話でのお申し込みはフリーダイヤル0120-06-5168
または辻中歯科医院のホームページからご予約くださいませ。

マウスピース矯正無料相談会はこちら
2022年11月05日 00:00

歯みがきについて

歯磨きについて

こんにちは。

辻中歯科医院予防チーム(YDH)です。
今回のテーマは毎日のお口の中のケア歯みがきについてご説明させていただきます。
 
歯みがきの基本的なみがき方は、横に動かす、いわゆる横みがきです。
歯みがき
歯みがきには色々な方法があります。人のお口の中はそれぞれ歯並びや歯の大きさ歯ぐきの状態、初期の虫歯、お口の中が安定している方と様々です。
また、現在のお口の中の歯や歯ぐきの状態によってもおすすめの磨き方は変わってきます。
歯ぐきが腫れている、歯ぐきからの出血が多い、歯ぐきが下がっているまたは虫歯になりかかっている、歯がえぐれているなどその時々の状態で歯ブラシの当て方を変えた方が良いのです
そのため、わたしたち衛生士チームは、患者様一人一人のお口の形態や歯ぐき・歯の状態などに合わせた歯みがき方法をご提案させていただいております。

歯垢、歯みがきでのみがき残しをチェック!!

◎先ずはお口の中を染め出していきます。
歯垢を染める
お口の中でみがき残している部分はシンクの水垢のようにヌルっとしていて細菌の膜が張っています。このヌルッとしている塊が歯垢です。
歯を染めていくと(歯に色を付けていくこと)歯垢や細菌の膜が張っている部分は色がしっかりと付いています。
歯が重なっている部分や傾いている部分、直接目で見ることができない部分に色が付いています。色が付いている部分をきちんと患者様に見ていただき、確認しながら歯みがきの方法をお伝えしています。

お口の中の状態ごとの歯磨き方法

①歯ブラシの選択
②歯ブラシの持ち方
③歯ブラシの当て方・動かし方

◎歯ぐきの炎症状態が強い場合(歯ぐきの腫れが強く出血がある状態)

炎症状態が強い場合は、歯ブラシの硬さは、やわらかめもしくは普通のものを使用するのをおすすめいたします。
また、歯ブラシの毛先がフラットなものがおすすめです。

利き手でえんぴつを持つように歯ブラシを持つ
【バス改良法】

Ⅰ歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目に45°の角度で当て、数秒間細かく動かす
Ⅱ歯ブラシを歯の頭の方向に向かって回転移動させる
バス改良方

◎叢生(そうせい)[歯並びが重なっている]の場合

歯が重なっていることを叢生といい、叢生の部分は磨き残しの汚れが残りやすいです。
おすすめの歯ブラシ
歯ブラシの硬さは、普通の硬さのものを使用するのをおすすめいたします。
歯ブラシのヘッドの大きさが大きすぎると重なっているところに歯ブラシの毛先が入りにくいため小さめのヘッドのものがおすすめです。
えんぴつを持つように持つ
【叢生(そうせい)部分の磨き方】

歯の頬側

一本ずつの縦磨き
→一本の歯を3面に分けて歯ブラシを縦向きに上下に動かす
叢生部分の磨き方

歯の舌側

歯ブラシを縦向きに入れ、歯ブラシのかかとと歯ブラシの先端を使って磨く
歯の舌側

◎歯肉退縮のある場合(歯ぐきが下がっている状態)

歯の頬側・噛む面

おすすめの歯ブラシ
歯ブラシの硬さは、やわらかめのものを使用するのをおすすめいたします。
えんぴつ持ちで持つ
歯ブラシを歯の面に直角に当て、前後に2~3mmの細かい振動で磨く
歯肉退縮のある場合

歯の舌側

おすすめの歯ブラシ
歯ブラシの硬さは、やわらかめのものを使用するのをおすすめいたします。
えんぴつ持ちで持つ
奥歯の舌側は歯ブラシを斜めに入れて一本ずつ磨く
前歯の舌側は歯ブラシのかかとを入れ、一本ずつ磨く
歯の舌側

◎歯と歯の間が広い場合

おすすめの歯ブラシ
歯ブラシの硬さは、普通のものを使用するのをおすすめいたします。
えんぴつ持ちで持つ
一本ずつの縦磨き
→一本の歯を3面に分けて歯ブラシを縦向きにし上下に動かす
歯ブラシを縦にして、できるだけ歯の軸に平行に当て、上下運動を行う
歯と歯の間が広い場合
バス改良方_
辻中歯科医院の衛生士チームでは、歯みがき指導を口頭だけでなく、模型を使用して説明したり患者様に合った歯みがき方法を記載した歯みがき指導の説明用紙を配布して患者様一人一人に合った歯みがき指導を行います。
当院で是非、あなたに合ったケアの方法をご指導させていただきご一緒に予防をさせていただくお手伝いを私たち辻中歯科医院の歯科衛生士YDHにお任せいただけましたら幸いです。
是非、定期来院をお待ちいたしております。
 

2022年10月29日 00:00

審美歯科について

審美歯科について
こんにちは。
辻中歯科医院の柏谷です。
 
今回は審美歯科(しんびしか)について書いていきます。
審美歯科とは日本審美歯科協会によると、歯や口元の美しさに焦点を当てた総合的な歯科治療のことを指します。
歯科治療には「虫歯や歯周病を治す」「よく噛めるようにする」といった機能的な側面と、「白く形のいい歯にする」「歯並びを整える」といった美観の側面があります。
この両方を満たす美しさという観点をプラスした歯科治療が審美歯科治療です。
幼年期から青年期、老年期にかけ、その年代にふさわしい口元の健康美を求めていくことです。

辻中歯科医院で行なっている審美歯科の種類

ホワイトニング、オールセラミッククラウン、インビザライン、セラミック矯正、ボトックス注射があります。
ホワイトニングインビザラインについては過去のブログで書かせてもらっていますのでそちらも併せてご覧ください。

オールセラミッククラウン(メタルフリー)

オールセラミッククラウン
金属を使わない治療のことです。
詰め物や被せ物は保険で治療されている方は銀歯がほとんどだと思います。
銀歯は保険治療なので安いというメリットはありますが、銀歯が口の中にあると銀色が黒っぽくみえて目立ちやすいです。また、銀歯の下に虫歯ができやすく治療をやり直す必要があるなどデメリットが多いです。
銀歯に比べオールセラミックやジルコニアは色が周りの本来の歯に合っていて綺麗ですし、保険治療の銀歯より歯との適合が良いので、被せ物の下に隙間がなくなり虫歯になりにくいので辻中歯科医院ではこちらをお勧めしております。

セラミック矯正

セラミック矯正
前歯がガタガタで気になられる方はいませんか?
前歯だけが気になる方はかぶせ物で歯をきれいに並べることができます。もちろんメリット、デメリットがあります。メリットは数回で終わるので矯正を行うより治療期間が短いです。デメリットとしては健康な歯を削ることがあります。歯の傾きが大きい場合には歯の神経をとることがあります。

ボトックス注射

ボトックス
顎が痛い方におすすめです。
顎は痛い原因は顎の周りの筋肉にあることが多いです。例えば、運動したりすると次の日に筋肉痛になることがあると思います。それが顎の周りでも起こっていて筋肉を使いすぎて筋肉痛が起こっています。
それを和らげるために顎の周りの筋肉にボトックス注射を打ちます。
ボトックス注射は美容整形で聞いたことがある人が多いと思いますが歯科では筋肉痛を和らげるために使うので量も多くないです。
副作用として少し小顔になるかもしれないです。効果は約半年程となります。 辻中歯科医院ではこれらのような美容歯科の種類があります。
興味を持たれた方はお気軽に辻中歯科医院までご連絡ください。
2022年10月22日 00:00

HMTマウスサプリトリートメントジェルのご紹介

HMTマウスサプリトリートメントジェルのご紹介

HMTマウスサプリトリートメントジェルのご紹介


いつも辻中歯科医院のYDHブログを読んでいただきありがとうございます。
辻中歯科医院副院長の歯科衛生士の池田貴久子です。
 
今回、HMTマウスサプリトリートメントジェルのご紹介をさせていただきます。
こちらのジェルは長年患者様のお口の中の状況状態を診させていただき、安定期の状態で保てる、再発防止に繋がる何かお薬ではなく安心安全で体に優しいジェルを作りたいという思いで誕生いたしましたマウスサプリトリートメントジェルになります。
HMTマウスサプリトリートメントジェル

歯科医院でのお口のお掃除はだいたいの方が三ヶ月に一度日頃お掃除ができない部分を辻中歯科医院に来院いただき隅から隅まで歯科衛生士がお掃除させていただきます。
歯科医院でのお掃除がお口の大掃除になります。
お口の中の菌の数は少なくなり歯周病も虫歯の予防にも欠かせないのがメインテナンス(メンテナンス)になります。
 
毎日の歯みがき(ケア)の中でも歯茎に歯にもサプリメントとして抗菌効果、そしてリラックス効果を期待できるものになります
 

HMTマウスサプリトリートメントジェルは毎日のケアで抗菌、血流改善をして歯周病の予防、歯の質を強化してエイジング効果を期待しています。

HMTマウスサプリトリートメントジェル成分のご説明

濃度の高いヒノキチオールには青森のヒバが入っております。
ヒノキチオールは口臭予防に最適です。抗菌効果を期待しています。
 
コーラルアパタイトは化石サンゴを原料としミネラルを含有しています。その為一般のアパタイトより生体親和性に優れています。
     もう少し詳しく説明しますと歯や骨に適合する成分を含んでいます
歯の表面を修復する「再石灰化」や多様な汚れや細菌を吸着、除去します。又は詰め物銀歯や金歯に使われているパラジウム重金属によるアレルギーを防止する効果が期待できます。
 
*マンダリンオレンジ果皮油の香りで痛みを和らげる効果がありラベンダー精油でリラックスをしていただき副交感神経を優位に出してサラサラの唾液分泌を促す効果を期待しています。
サラサラの唾液を出すことによって歯垢を付きにくくして口臭予防、歯周病虫歯予防そして健康を維持する効果に期待しております。
 
*ビワの葉エキスは長崎のビワの葉を使用しております。ビワの葉で口腔内の粘膜の炎症を抑える効果を期待しています。粘膜のやけどや口内炎の炎症又は歯ブラシの傷(小さな歯ブラシの傷)の消炎効果が期待できます。
その他体内でビタミンAに変化し皮膚、のど、鼻、肺などの粘膜を正常に保つ働きがあるため、感染症予防や免疫力アップにも役立つ効果が期待できます。強い抗酸化作用を持つβカロテンが多く含まれていて健康づくりに繋がる事が期待できます。
 
*ツバキ花エキスは長崎の五島のツバキを使用しております。ツバキ花エキスで口腔内の保湿、抗酸化作用が期待できます。金属部分の補綴の部分には良く塗り込むことで酸化を防止する効果が期待できます。結果エイジング効果、老化防止が期待できます。
 
オタネニンジン(高麗人参)メラニンを抑制する効果(歯茎の黒ずみ)や血行不良を改善する効果を期待できます。
 

*キシリトールは歯垢を剝がしやすくする効果がありますので、歯の表面に付着沈着している細菌を一緒に剝がしてくれる効果に期待しています。

HMTマウスサプリトリートメントジェル使用方法について

歯みがきをした後、歯ブラシを軽く洗っていただきHMTマウスサプリトリートメントジェルをたっぷりとブラシに乗せて、歯ぐきに塗り込むようにみがいてください。
イメージはシャンプーの後のトリートメントをしていただくような感じです。
歯にも歯ぐきにも抗菌が期待でき栄養補給していただくことを期待しております。
 
HMTマウスサプリトリートメントジェルは市販しておりません。
歯ぐきのマッサージができる上級者の歯科衛生士が在籍している歯科医院に販売をしているペーストになります。

商品をご購入希望の方はメインテナンス(メンテナンス)後に辻中歯科医院の歯科衛生士にお尋ねください。
 
2022年10月08日 00:00

辻中歯科医院の初診について

辻中歯科の初診について

初診の流れ

こんにちは。
辻中歯科医院の柏谷です。
今まではインビザラインについて書いてきました。
今回は辻中歯科医院に初めて来院してもらった時にどのように治療まで進んでいくのかということを書いていきます。

まずは詳しく問診票を書いていただきます

3枚の問診票
来院していただき初めに3枚の問診表を書いてもらいます。
他の歯医者より多いと思います。しかし、患者さんにとって最善の治療をさせていただくために多くの情報を得たいと考えておりますので宜しくお願い致します。

TCとの医療面接

TCによる面接の様子 次にTC(トリートメントコーディネーター〈Treatment Coordinator〉は治療者と患者の間に立ち、双方にとって満足のいく治療を進めるための調整役を行う)と呼ばれるスタッフと問診表を元に医療面接を行なってもらいます。
面接といっても緊張されることなく気軽に話してもらって大丈夫です。
歯科医師や衛生士には話しづらいこと(歯医者は久しぶりに来た、歯医者は苦手、痛いことや音は苦手など)を話していただき、TCからは辻中歯科医院の雰囲気や治療の進め方を説明させていただきます。
TCとは2回目の治療前や治療後など何回か話していただきます。
ここまでしないといけないのかと思う方もいらっしゃると思いますが、これは個人の意見になりますが、歯の治療を行うことで最も大事なのは信頼関係を構築していく事だと思っています。なので、問診表や医療面接は信頼関係作りやこれから治療を行っていくことへの1番の土台の部分だと考えています。
この土台がしっかりしていればなかなか信頼関係が崩れることはないですし、スムーズに治療を進めていく事ができますのでご協力宜しくお願い致します。
 
問診表を書いてもらいTCとの医療面接が終わると診療室に入ってもう一度歯科医師と問診表に書いてある内容やTCと話したことを確認します。

レントゲンを含む撮影

レントゲンを含む撮影
次に虫歯の有無や顎の骨の状態を口の中を視診するだけではわからないのでレントゲンを撮らせていただきます。そうすることでたくさんわかることがあります。
レントゲン撮影後は口の中の写真と歯茎の状態を調べます。
写真は治療が終わった時に変化を見てもらえます。

歯茎の状態を診察

辻中歯科医院では予防を大切にしていますので歯茎の状態も調べさせていただいております。詳しくは以前のブログに書いていますのでご覧ください。
★辻中歯科医院の歯科衛生士予防チーム / ★歯周病安定期治療について

歯の治療

後は歯科医師が来院したきっかけとなった原因の歯を治療していきます。
来院するきっかけになった歯の状況やレントゲンでわかったこと、他に治療しなければいけない歯がある必要性、次からの治療内容の説明を受けてもらい終了です。
 
初診はやることがたくさんありますので、約1時間お時間をかけさせていただいております。できればお時間に余裕を持ってお越しください。
 
お口の中で困っていることがありましたら、お気軽に辻中歯科医院までご連絡ください。

 
 
2022年09月24日 00:00

歯周病安定期治療について

メインテナンスについて
こんにちは辻中歯科医院予防チーム(YDH)です。
今回のテーマは歯周病安定期治療(メインテナンス)についてお話をさせて頂きます。
 

歯周病安定期治療(SPT)とは

かかりつけの歯科医院で歯周病の治療がある程度落ち着いたお口の状態後に定期的にお口の検査やお掃除を行う治療になります。
歯周病治療の再発防止になり早い段階での適切な処置ができるため経過観察と予防処置を行います。
 
SPTとは『サポーティブペリオドンタルセラピー(supportive periodontal therapy)』の略語です。
最近ではメインテナンスという用語に代わり使われるようになっています。 

メインテナンスの時にもお口の状態を確認する検査を行います

歯周病は自覚症状の少ない病気です。
歯ぐきからの出血や歯ぐきの腫れ、歯のぐらつき(揺れる)などの症状に気付いた頃には状態が悪化し治療に時間がかかったり、最悪の場合は歯が抜け落ちてなくなってしまう深刻な病気です。
 
最近ではこの歯周病原細菌が全身疾患(病気)との関わりが非常に深いと言われています。
歯周病の検査の中に歯周ポケット測定検査があります。
歯周ポケットとは、歯と歯ぐきの境目に溝がありますが、溝が4㎜以上深くなると歯周ポケットという名前になり、歯周ポケットの深さを1歯ずつ丁寧に測定し歯周ポケット検査を行います。
歯周ポケットの検査、レントゲンやお口の中の全体の状態を歯科医師の指示の元で私たちYDHは患者様のサポートをしております。
 
3㎜以下正常値
4㎜~6㎜歯周病中等度
7㎜以上歯周病重度
歯周病の進行と歯周ポケットの深さの関係
適切な歯周病治療を受け病状が安定したとしても、歯周ポケットが深い状態のままの残る
ことがあります。
歯周ポケット内を定期的に洗浄すると、細菌の数を減らすことができますが、歯周ポケット内を洗浄もせずそのままの状態にしておくと免疫が下がってきます。
放っておくと細菌はどんどん増えて歯周病が再発し後戻りしてしまいます。更に歯周病が進行する事もありメインテナンスは非常に大切です!!
 
歯周病は厄介な慢性的な病気です。治療を途中で中断してしまったり、勝手に大丈夫だと思って来院されなくなったり油断していると歯周病が進行し恐ろしいことになります。
治療をきちんとし完治して安定した状態に改善した後はメインテナンスは欠かせない治療です。
なぜなら歯周病にはゴールはありません。

位相差顕微鏡での診察 辻中歯科医院はかかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所です
かかりつけ歯科医療強化型歯科診療所とは歯科医師、歯科衛生士の人数を満たしていること、感染対策としての装置、器具の設置などの取り組みを行っていること、訪問診療を行っていることなど基準を満たす歯科医院のことです。
 
歯周病安定期治療は保険診療として受けることができます。
歯周病安期治療は辻中歯科医院のYDHの歯科衛生士が行います。
辻中歯科医院では無料で位相差顕微鏡でお口の中の菌叢を診させていただており、患者様の体調の把握、健康のお手伝いをさせていただいております。
診察させていただく空間

辻中歯科医院のメインテナンスメニュー

・位相差顕微鏡で細菌の量、活動性の確認
・歯周ポケットの検査
・歯垢(細菌の膜)の染め出し
・歯垢、歯石、着色汚れの除去
・機械的歯面清掃
・HMTジェル、フッ素塗布(必要な方に)

 

メインテナンスの効果

・歯垢、歯石除去をすることによってお口の中がスッキリします。
・歯磨きでは取れない汚れを取ることで細菌を再付着しにくい状態にします。
・歯磨きでは届かない歯周ポケットの中の細菌も除去することができます。
・お口の中の細菌の数が減ります。
・体の調子や免疫力が上がる可能性があります。
・風邪などウィルス感染がしにくいという可能性があります。

 
 
近年歯周病原菌は歯周病を引き起こすだけでなく全身の様々な病気(糖尿病、心筋梗塞、アルツハイマー型認知症など)に関わりがあると言われています。
歯周病安定期治療を受けることは歯周病を再発、後戻りの予防するだけでなく
全身の健康にも繋がります。
生涯に渡りご自身の歯で食べ物を食べられることは、人生の財産となります。
 
毎日の歯磨きやお口のケアを適切に行うとともに歯周病治療を受けた後は継続的な歯周病安定期治療を患者様一人一人に合った治療を行っておりますのでご来院お待ちしております。 

 
2022年09月17日 00:00

院長不在日のお知らせ

9_10月カレンダー
9月24日15:00~
9月25日13:00まで
9月30日~10月2日
は勉強会のため院長不在となっております

よろしくお願い致します
2022年09月16日 12:30

モバイルサイト

辻中歯科医院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら