医療法人良光会 辻中歯科医院

摂津市千里丘でマウスピース矯正・予防歯科ならJR千里丘駅徒歩1分の辻中歯科医院へ

ホームブログページ ≫ 矯正治療について(第8回)「インビザライン治療をスター... ≫

矯正治療について(第8回)「インビザライン治療をスタートされる方へ」

インビザラインをスタートされる方へ

インビザライン治療をスタートされる方へ

こんにちは。
辻中歯科医院の柏谷です。
 
今回はインビザラインを始める方への取り扱い説明について書いていきたいと思います。何事もスタートする時は楽しみありますが不安もあるかと思います。
不安というものは「分からないこと」があるから不安になるのだと思います。
今回は「分からないこと」を少しでも減らして楽しみが増えるように書いていきます。
 

インビザラインを始めるにあたって

インビザラインの矯正治療は歯医者だけが頑張っても歯並びは良くなりません。
患者さんの頑張りも必要です。
その頑張りが必要な事というのは1日22時間以上という装着時間をきちんと守ってもらう事です。
以前当ブログでも書いていましたが、下記のように1日の中でマウスピースを外している時間が5時間違うだけで矯正効果が2倍も変わってきます。
せっかくなら1日の装着時間をきちんと守って早く結果が出るほうが良いですね。
インビザライン装着時間と効果
食事と歯磨きの時以外の時間はきちんと着けていただきます。

チューイそして前回のブログで掲載しております、チューイを噛んでいただく事です。
新しく装着した日から3日間は10分、4日目からは5分を目安に噛んでください。

交換・装着について

交換・装着について 新しいマウスピースは装着時間が長く取れる夜に交換し、チューイを10分噛んで下さい。
装着する時は前歯から、外す時は奥歯から行ってください。
使用が終わったマウスピースは必ず保管してください。

歯磨きについて

歯磨きについて歯磨きはいつも通りしていただけます。
前回書かせてもらいましたが、外食で食後すぐ歯磨きができない場合、口をすすいで(持ち歩ける液体歯磨きなど)装着してください。
歯磨きができる時に歯磨きとマウスピースの洗浄を行なってください。
マウスピースは洗浄剤を使ったり柔らかい歯ブラシを使ったりして洗ってください。
矯正では歯が動きます。動いてくるとよく物が挟まります。その時は、フロスや歯間ブラシを使ってください。


食事について

市販されている飲料水のエナメル質
食べ物や飲み物に制限はありませんが、マウスピースをつけたままコーヒーや紅茶や赤ワインなど色の濃いものを飲むと着色することがあります。
また、上記の表のようにエナメル質臨界pH5.5以下の飲み物ばかりを飲んでいると、マウスピース着用時は特に歯が溶けやすくなるので臨界pH5.5以上の飲み物を摂取するよう心がけてください。

こんな時どうしたら?

●歯が揺れるような感覚など違和感を感じることがありますが、これは歯が動いている時の正常な反応なので安心してください。
●矯正治療中に虫歯が見つかることがあります。
虫歯の状況により歯科医師が治療の時期を判断させてもらいますので、当院にご連絡ください。
●マウスピースに不備があった場合や、なくなったり、割れたりなどトラブルがあった場合などもご連絡ください。その際は、ひとつ前のマウスピースを装着して越しください。

インビザラインをスタートされてからの診察について

マウスピースをきちんと装着できているか確認させていただきたいので、当院を受診される時は必ずマウスピースを装着してお越しください
アタッチメントを付ける時は約60〜90分程かかる場合があります。
時間に余裕がある日にご予約を取られることをおすすめいたします。
 

2022年09月10日 00:00

モバイルサイト

辻中歯科医院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら