摂津市千里丘でマウスピース矯正・予防歯科ならJR千里丘駅徒歩1分の辻中歯科医院へ

摂津市千里丘でマウスピース矯正・予防歯科ならJR千里丘駅徒歩1分の辻中歯科医院へ

ホームブログページ ≫ 矯正治療について(第5回)「アタッチメントとは?」 ≫

矯正治療について(第5回)「アタッチメントとは?」

アタッチメントとは

矯正治療について(第5回)「アタッチメントとは?」

こんにちは。
辻中歯科医院勤務医の柏谷です。
 
最近辻中歯科医院ではTC(Treatment Coordinator)という仕事の役割が増えました。
TCとは歯科医師による治療や、歯科衛生士による予防についてこれから先どのように治療していくのか、なぜ予防が必要なのかということを患者さんに説明して納得してもらう仕事です。
治療で医師や衛生士に言いづらいことを言っていただき、被せ物の材料やお支払いについて相談してもらう事も可能です。
歯科に関しての最新の知識、情報、被せ物の種類や違いも把握もしています。

辻中歯科医院では初診で来られた患者さんに治療する前や治療の途中などでTCとお話する時間を設けていますので、何でもご相談ください。

アタッチメントとは?

アタッチメントの画像 辻中歯科医院ではインビザラインをしてもらって1ヶ月ぐらい経つとアタッチメントというのをつけていきます。
アタッチメントとは辞書で調べると機械、器具などの付属品・付属装置という意味です。
つまり、アタッチメント(突起物)を歯の表面に接着させます。
アタッチメントは歯科用のプラスチック製の樹脂で、できており虫歯治療のときにも使われる材料で、ほぼ歯と同色です。
付属なので、矯正治療が終わると外します。
 

アタッチメントの役割

マウスピース矯正はワイヤー矯正と違い、患者さん自身で取り外しができるので、歯に矯正する力が加わりにくいです。
適切に力が加わらないと、歯がうまく動かなかったり治療期間が延びたりします。
アタッチメントがあるとマウスピースの窪みにしっかりはまり込むため外れにくくなります。
そして、しっかり歯とマウスピースが固定されるので歯に力が伝わりやすくなります。
マウスピースは一度に全体に力を加えることはできますが、一つ一つの歯に個別の力を加えるのは難しいです。
そこで、アタッチメントを付けることで個別の歯に力を作用することができるようにします。
歯を上にあげたり、回転させたり、傾けたりすることもできるようになります。
アタッチメントの役割

アタッチメントの疑問

アタッチメントに痛みがあるか?
→マウスピースが引っかかって痛みを感じる時があります。
マウスピースを交換してすぐは痛みを感じやすいですが、2,3日すると慣れていきます。
歯の表面にくっ付くので、手で触った時に違和感があります。口内炎ができることもあります。
最終的には外すものなので外れる時はあります。もし外れた際はいつでも連絡されてください。
2022年07月30日 00:00

モバイルサイト

辻中歯科医院スマホサイトQRコード

スマートフォンからのアクセスはこちら